» 2015 » 9月のブログ記事

ある性同一性障害(MtF)の日常

| 日常 |

私は性同一性障害(Male To Female)です。
まだSRS(性別適合手術)は受けていませんが、日常は女性として生活しています。
職場にも女性として電車通勤しています。

ある日、スカートのことで両親と諍いがありました。
母は、私がスカートを履いたまま家の玄関を出ることを黙認していますが、父は強硬に反対しています。
それで母も父に同調して反対するようになりました。

父は、他所でならいくらでも好きな恰好をしても良いと言っていますが、私にとって家からスカートで出るということは、絶対に譲れないポイントでした。
なぜなら、家から堂々とスカートで出る行為は、私にとって自他ともに女性として認められたという証明になることなので、こそこそと隠れるような行為は、まるで自分が悪いことをしているような気分になるので、絶対にしたくないのです。
先日、夜中に私が自室で暴れて、母が駆けつけてきて口論になりました。

その場で私は自分の希望とその理由を主張しました。
母はついに根負けして、しぶしぶ了解し、父を説得すると言ってくれました。
現在は、私が家からスカートで出ることを、両親とも黙認しています。

昨日の朝、私が出勤する時間帯と父が医者に行く時間帯が重なってしまい、大雨も降っていたため、母が私と父を駅まで車で送ることになりました。
私たち3人は終始無言で、車を降りてからは、父と並んで無言で改札口まで歩いていきました。
まるで、娘と父親のような感じで、父も私の姿に得心がいったように見えました。