大人気のマルシェ

| 日常 |

静岡のあるデパートで、長野などの有機野菜をあつめた、食品市が開かれて、大にぎわいだったという記事を読みました。
農薬がかかっていても安ければよいと考えている人が多い困った世の中だと思っていましたが、最近は、健康志向が強まって、安全、安心なものを、高いお金を払っても求めている消費者が多くなってきたのでしょうか。
その記事を読みながら、そんなことを思いました。

私たちの周りの農家さんも、ほんの少し、自分の食べるものだけは、農薬をかけていないものを作っているのです。
私の家では、そんなお米を農家さんから直接買っています。
玄米で買って、近くの農協で、精米機で精米したものをたべているのですが、新しくておいしいですね。

やはり、本物というか、手をかけて作ったものはおいしいのです。
野菜も、無農薬のものは、虫が食っていたり、見栄えはよくないものの、味はしっかりしていて、素材そのものはとてもおいしいのです。
そんな良さを、消費者にわかってもらえて、そういうものを消費者が求めれば、農家の方も、農薬をかけない野菜を手をかけて作ってくれるのではないかと思っています。

健康で長生きするために、安全な農産物を作っていただきたいものです。