給料明細の扱い

| 日常 |

うちは、夫から給料明細を見せてもらっていません。
実は月給がいくらかも正確にはわかりません。
これには賛否両論あると思います。

夫婦で収入を共有できないってダメ夫婦というレッテルを貼られることもあります。
でも、私は自分が稼ぎ頭の立場だったら、やっぱり配偶者に全てを見せないと思うので、夫の気持ちがよくわかるんです。
自分でしんどい思いをして稼いだお金なんですから、本当は全部自分で使いたいですものね。

それを我慢して生活費を渡してくれるのですから、それで十分だと思っています。
自発的に明細を見せてくれれば、それはありがたいですけどね。
高望みはしません。

その代わり、生活費を固定で必ず同じ額入れてもらっています。
給料の増減に関わりなくです。
だから、減給した月は夫の自由に使えるお金はかなりシビアだと思いますよ。

でもそこはいい歳した社会人なので、まあ自分で乗り切っていただくことにします。
昼食もお弁当作って持たせてますし、その気になれば会社まで歩いていかれる距離なので、最低限お金は使わずともすむ日常のはずですから。
そうやってお互いに自分で頑張る家計管理もありだと私は思っています。